白木建設株式会社


ブログBlog

見学会開催目前!梁丸太の平屋 

CATEGORY
ブログ
DATE
2020.12.01

つい先日建方を終えました谷汲の平屋にて、今週末と来週末に構造見学会を開催します。

日;12月  5(土)、6(日) 12(土)、13(日)

時間:9:00~16:00

※要予約 予約方法は記事下部にて。

この記事では建方の際の様子を思い返しつつ、見学会に先駆けて少しだけご紹介。

 

今回はプレカットを使わず、加工は全て大工さんの手刻みによるものです。

丸みを帯びるプレカットの継ぎ手と比べると、形が直線的な美しさで複雑なものが多いです。更に隙間や余裕がほとんどありません。建方の際には何度も何度もかけやで部材を叩きながら収めていきました。

 

キッチン・リビング・ダイニングを覆う小屋まで抜けた天井には、大きく曲がった梁丸太が架かります。

ここまで曲がった梁を使うことは珍しいらしく、製材担当者も大工さんも大変苦労しておりました……。それでも南北を貫く太い梁と、東西の梁丸太。大きな梁建が空を薙ぐ様は圧巻の光景です。

 

垂木の↓、横架材から外側へと飛び出ている部材は腕木と言います。弊社では外壁の損傷を抑えたり、流行より軒の深い家を建てることが多いです。しかし谷汲は雪の深い地域。軒をそのまま出してしまうと、垂木が折れてしまう可能性があって少々危ない。腕木を出すことで、雪の重みに耐えてくれるというわけです。

また、腕木の先端にはよく見ると丁寧な加工が施されていました。細かいことで見栄えが全然違います。その地に住まう大工さんの知恵と技術が美しい形を産み出していました。

 

まだまだ作業は続いています。気になる全体像と経過については、ぜひぜひ実際に足を運んで確かめてくださいませ!

こちらの建物の構造見学会は電話又はHPのお問合せからご予約頂けます。住所など詳細はご予約後にて。

電話:058-323-1338

お問合せページ: http://www.shirakikk.com/contact/

※新型コロナ対策の為、当日は必ずマスクをしてお越しください。また消毒、検温へのご協力をお願いいたします。