社寺施工事業

「 受け継がれる伝統の匠技。 」

想いを託す作品づくり

社寺建築技法は伝統建築の枠をあつめています。
悠久の時を超えて伝えられたものを、これからは我々が未来へ
向けて受け継いでいきます。

檀家や氏子皆様の両面の思いを託す作品づくりが
白木建設のモットーです。

社寺建築の始まり

脈々と受け継がれる技法と精神。京都の総本山光明寺さまからの
木材の相談を受けたことが始まりでした。
現在では、約70社寺から御用達を頂き、勉強の毎日です。

ページトップへ

社寺施工事業

最近の施工作品

中之元 八幡神社 大鳥居詳細へ

2016/04/04中之元 八幡神社 大鳥居

古文書から推測される鎌倉時代からの神社。 木造の大鳥居の再建です。

お問い合わせ